ITEM

トップページ > ITEM > eico / 夢先案内人 Remixes
010_2_eico	夢先案内人 Remixes アーティストプロフィール
子供の頃から、自宅でピアノを弾きながら何気なく曲作りをしていたeico 。「太陽の石」を作った時に、アレンジをレゲエ・ディスコ・ロッカーズに依頼した事がきっかけとなり、フラワーレコーズより『太陽の石』を2002年11月にリリース。2003年に入り、フラワーレコーズにて、eico名義で制作をスタート。2003年3月にリリースしたVINYL12inch『キミノカゼ』は、クラブを中心に盛り上がりをみせ主要レコード・ショップでも即完売状態となった。同年6月には6曲入りミニ・アルバム『桃色』をリリースし、続いて7月に、VINYL12inchでリリースされた『Drop』も即完売。その名は一躍脚光を浴び、注目される存在に。更に、2003年12月には満を持して、ミニ・アルバム『風花』(fantabulous/Sony Music Works)を、フラワーレコーズ高宮永徹のプロデュースのもと、メジャー・リリース。もちろん収録されている5曲全曲、彼女による作詞作曲である。このミニ・アルバムに収録されている「カザハナ」は、全国FM9局でパワープレイを獲得し、更には“SKI JAM 勝山”(西日本最大級のスキーリゾート)のCM曲として関西地区を中心にTV/ラジオで、大量にオンエアされた。 2004年7月、初のフルアルバム「空の話」をリリース。 2005年6月、ミニアルバム「月夜のギター」をリリース。 2007年12月、セカンドアルバム「メルテッド」をリリース。 2011年4月、サードアルバム「Golden Apple Plant」をリリース。 現在は活動拠点をタイに置き、ライヴ活動などを積極的に行っている。

eico

夢先案内人 Remixes
レーベル
Flower Records
発売元
(有)フラワーレコーズ
フォーマット
7inch
販売価格(税抜)
1500円
品番
FLRS-111
JANコード
*2010年に発売されたeicoのミニアルバム「月夜のギター」に収録された、山口百恵の代表曲のひとつとして人気の高い「夢先案内人」のカバーが、この春のレコードストアデイにいよいよ7インチで登場です。当時アナログ12インチで発表され、即座にソールドアウトとなったReggae Disco Rockers、Slowlyによるリミックスを収録した強力盤。 しかもSlowlyによるテイクは、更なるアップデートを行いSlowly 2018 Remixとして生まれ変わりました。それぞれアレンジの方向性は違えど、どちらもeicoの持つ歌声の魅力を引き出した、タイムレスな傑作リミックスです。
収録曲
Side A 夢先案内人 Reggae Disco Rockers Remix
Side B 夢先案内人 Slowly 2018 Remix

Pagetop