ITEM

トップページ > ITEM > 夏木マリ / Co・ro・na / 私を生きて
078_Co・ro・na / 私を生きて アーティストプロフィール
73年デビュー。
80年代から演劇にも活動の場を広げ、芸術選奨文部大臣新人賞などを受賞。
93年からコンセプチュアルアートシアター「印象派」でエディンバラ、アヴィニヨンなどの演劇祭に参加。
09年パフォーマンス集団MNT(マリナツキテロワール)を立上げ主宰。ワークショップを通じて後進の指導にも力を入れ、その功績に対しモンブラン国際文化賞を受章。
2014年からは毎年秋に京都の世界文化遺産 清水寺にてパフォーマンス『PLAY×PRAY』を文化奉納。
2017年春には「印象派」の新作「印象派NÉO vol.3 不思議の国の白雪姫」を公演。東京・京都・パリ(ルーヴル美術館)にて成功を収めた。
近年、音楽活動では「FUJI ROCK FESTIVAL」や「RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO」など夏フェスにも精力的に出演し、圧巻のロックなパフォーマンスでオーディエンスの度肝を抜いた。
また、ロックとはまったく異なった表情を持つ、ジャジーでスタイリッシュなステージを「MARI de MODE」と題し、ブルーノート東京開催し好評を博している。ミュージックシーンでは、感じる音楽を体現している国内において貴重なシンガーである。
俳優としては、多数の映画・舞台・ドラマに参加し、数々の賞を受賞。
また、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」では湯婆婆役で声優として参加し、世界中のジブリ映画ファンの注目を集めた。近年では、ディズニーアニメーション「モアナと伝説の海」やフランスのアニメーション「フェリシーと夢のトウシューズ」でも物語のキーマンとなる人物を演じ、アメリカのTVドラマ『フュード/確執ベティvs ジョーン』では劇中ジョーン・クロフォード役を演じるジェシカ・ラング役を好演。ヴォイスキャストとしても活躍している。
2018年春公開のハリウッドのストップモーションアニメーション映画「犬ケ島」にもウェス・アンダーソン監督のラブコールを受けて参加。同年、カンヌ映画祭常連の河瀬直美監督最新作「Vision」が公開された。また、東日本大震災を経験した家族を描いた主演映画「生きる街」(監督: 榊英雄) が公開。
その他、途上国への支援活動「One of Loveプロジェクト」の代表をつとめるなど、多岐にわたる活動を精力的に続けている。

夏木マリ

Co・ro・na / 私を生きて
レーベル
TOYOKASEI
発売元
東洋化成株式会社
フォーマット
7inch
販売価格(税抜)
1800円
品番
TYO7S1012
JANコード
*1月にデジタルリリースされた大沢伸一プロデュースの新作EPを7インチレコードでシングルカット。両曲とも作曲は大沢伸一、「Co・ro・na」の作詞は東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦、「私を生きて」の作詞は UAが担当。ジャケット写真には、丁度 30 年前の夏木マリのビジュアルが用いられている。
収録曲
Side A: Co・ro・na <作曲: 大沢伸一 / 作詞: 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)>
Side B: 私を生きて <作曲: 大沢伸一 / 作詞: UA>
Co・ro・na
私を生きて

Pagetop