NEWS*

RECORD STORE DAYに関する記事、続々と出ています!

2018/4/20
いよいよ明日にせまったRECORD STORE DAY 2018。
様々なメディアで関連記事が出ています。

ここでは運営事務局として取材を受けた記事と、先日来日したレコードストアデイ共同創設者のマイケルカーツ氏のインタビューから、WEBで読めるものをご紹介します。
レコードストアに向かう電車の中で(?)ぜひご一読を!

  【レコードストアデイ事務局、メディア掲載情報】

★レコード・ストア・デイ・ジャパン運営担当:東洋化成株式会社、本根誠氏インタビュー(4/18掲載 uDiscover)
https://www.udiscovermusic.jp/columns/record-store-day-japan-interview

★8年で10倍に。レコードの復権を支えたRSDの成功と東洋化成の挑戦 (4/19掲載 cinra)
https://www.cinra.net/interview/201804-recordstoreday

  【マイケル・カーツ氏、ウェブメディア掲載情報】

■レコード・ストア・デイ創立者が語る「リアル店舗をライブ会場のような特別な体験の場に」(3月28日掲載 phileweb)
https://www.phileweb.com/news/audio/201803/28/19599.html

■レコード・ストア・デイ共同創設者マイケル・カーツ、独占インタビュー(前編)(4月9日掲載 uDiscover)
https://www.udiscovermusic.jp/columns/record-store-day-interview-01

■レコード・ストア・デイ共同創設者マイケル・カーツ、独占インタビュー(後編)(4月9日掲載 uDiscover)
https://www.udiscovermusic.jp/columns/record-store-day-interview-02

■「レコードストアでの人の繋がりが音楽を支える 「RECORD STORE DAY」創設者 マイケル・カーツ氏に聞く」(4月16日掲載  ミュージックマンネット)
https://www.musicman-net.com/focus/74766

 

4/21、西武池袋本店「食と緑の空中庭園」にて永井博氏のDJプレイが決定!

2018/4/17

RECORD STORE DAY当日となる4/21の夕刻、日本イラスト界の第一人者であり、RECORD STORE DAY JAPANのキービジュアルを手がける、永井博氏を中心としたDJイベントが開催されます。会場は西武池袋本店の屋上、食と緑の空中庭園。「都会のオアシス」として評価を受けるくつろぎの空間にて、ブラックミュージックのコレクターとしても知られる永井博を中心に、各所で活躍するDJたちが「アナログレコードのみ」の心地よい音楽で空間を演出します。永井博氏のイラストを用いたRSD限定グッズの販売や、各種充実した飲食店もあり、春の心地よい夕刻をゆっくりお過ごしください。 レコードストアを巡ったあとはぜひ西武池袋本店へ。

【永井博 スペシャルDJイベント】
日時:4/21(土) 15:00~18:00
会場:西武池袋本店 屋上 食と緑の空中庭園
https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/roof_garden/

出演:
– 永井博
– ナツ・サマー
– 弓削匠

タイムテーブル予定:
15:00~16:00 弓削匠
16:00~17:00 ナツ・サマー
17:00~18:00 永井博

※ご参加は無料です。音楽を聞きながら食と緑の空中庭園をお楽しみください。
※永井博氏RSD限定グッズの販売も15:00〜18:00となります。 ※タイムテーブルは変更になる可能性がございます。ご了承ください。
※荒天の場合中止となります。ご了承ください。



– 永井博
1947年12月22日、徳島市に生まれる。グラフィックデザイナーを経て、1978年よりフリーのイラストレーターとして活躍。大瀧詠一の「ア ロングバケーション」、「ナイアガラ ソングブック」等のレコードジャケットに代表されるトロピカルでクリアな風景イラストレーションを得意とする。 出版物として、CBSソニー出版「A LONG VACATION」(79年)、「HALATION」、小学館「NIAGARA SONGBOOK」(82年)を刊行。また、大瀧詠一のアルバムジャケット「ア ロングバケーション」では、CBSソニーより、「アルバムジャケット特別賞」として、ゴールドディスクを受賞している。 以降イラストレーションだけでなく、多方面で活躍。趣味のブラックミュージックのレコード収集を生かしてクラブDJをつとめたり、91年4月~92年6月まで、FM東京「トキメック ソウル コースト~永井博のラップ&ブルース」でパーソナリティーとして人気をはくす。「ハウス ジャワカレー」のCMでは、3年間、西城秀樹と共演し、タレント活動も行っている。 大瀧詠一のレコードジャケットによって、そのイラストの作風は独自の地位を築き、 その他、マツオカナオヤ、藤原ヒロシと川辺ヒロシ、憂歌団、杉山清貴など、多くのアーティストのレコードジャケットを飾っている。現在は、デザイン、DJ、音楽評論など、多岐にわたる活動を展開している。 最近の作品は永井博作品集 ” time goes by…” (ぶんか社)、VICTORからのAOR コンピレーションのCDシリーズ、JUNK FUJIYAMAのシングル、アルバム等。
http://hwbb.gyao.ne.jp/mochips-pg/



– ナツ・サマー(Natsu Summer)
愛媛出身、東京在住のシティポップ・レゲエシンガー。DJ。海沿いに住んでいた幼少の頃からシティポップやレゲエを聴いて育つ。音楽と自然を愛するナチュラルなキャラクターが、親しみやすくファン心をくすぐる。 クニモンド瀧口のプロデュースで、2016年7月6日発売シングル『夏・NATSU・夏』でデビュー。DJやレコードを買う音楽好きを中心に注目され、数々のイベントからオファーが殺到。 12月14日に2nd EP『Tropical Winter』発売。ジャケットは永井博氏によるイラストレーション。 2017年6月21日に7inch『恋のタイミング』(日本テレビ系「PON!」6月エンディングテーマ曲)、7月5日にはファーストアルバム『Hello,future day』リリース。12月6日に『クールダウンして』をリリース。 今年の夏は生バンドでのリリース予定。
◇facebook
https://www.facebook.com/Natsu-Summer-1730200873919628/
◇twitter
https://twitter.com/NatsuSummer888?lang=ja
◇instagram
https://www.instagram.com/natsu_summer88/
◇HP
natsusummer.com



– 弓削匠 TAKUMI YUGE
Fashion Designer / Art Director
1974年東京都出身。桑沢デザイン研究所中退後、2000年に自身のブランド”Yuge”ユージュを立ち上げ、都内大手セレクトショップを中心にウィメンズウェアを展開する。2006年から東京コレクションに参加。現在までに、様々な企業との企画契約、コラボレーションをし、その中で某アパレルと協業で音楽レーベルを立ち上げ、国内外アーティストのアルバム6枚をリリースする。 現在はファッションデザイナーを生業に、土岐麻子、土岐英史,一十三十一(ヒトミトイ)等のCDジャケットデザイン、ミュージックビデオの監督などアートディレクターとしての活動も開始し、2018年、多角度での文化的アプローチを企み中。

HMVrecordshop渋谷にて、Four Rosesを片手にMONDO GROSSOのトークを!

2018/4/13
4/21(土) のレコードストアデイ当日、HMVrecordshop渋谷にて、満島ひかりやUAとのコラボ12inchも即完売、話題騒然となった大沢伸一のソロ・プロジェクト”MONDO GROSSO “の3月21日発売ニュー・アルバム『Attune / Detune』より、限定盤12inch, MONDO GROSSO「KEMURI / TURN IT UP」のRecord Store Day発売を記念して、MONDO GROSSO(大沢伸一さん)のトーク&サイン会が開催。
ご来場のお客様にはFour Rosesがふるまわれ、音楽とバーボンウィスキーが奏でる大人の時間をお楽しみいただけます!

大沢伸一(MONDO GROSSO)プロフィール
音楽家、DJ、プロデューサー、選曲家。リミックスを含むプロデュースワークでBOYS NOIZE、BENNY BENASSI、ALEX GOHER、安室奈美恵、JUJU、山下智久などを手がける他、広告音楽、空間音楽やサウンドトラックの制作、アナログレコードにフォーカスしたミュージックバーをプロデュースするなど幅広く活躍。2017年14年振りとなるMONDO GROSSOのアルバム『何度でも新しく生まれる』をリリース。iTunesアルバム総合チャート1位、オリコンアルバムランキング8位、満島ひかりが歌う「ラビリンス」ミュージックビデオが1000万回以上再生されるなど音楽シーンの話題となった。3/21には続編アルバム『Attune/Detune』をリリース。
www.shinichi-osawa.com
www.mondogrosso.com

 
MONDO GROSSO 「KEMURI / TURN IT UP」[12inch] (TYO12S004) 2,200yen+税

日時:4/21(土) 19:00~20:30
場所:HMVrecordshop渋谷 1F 特設スペース
内容: 大沢伸一(MONDO GROSSO)によるトーク&サイン会
出演 : 大沢伸一(MONDO GROSSO) 他
特典会参加方法:上記、対象商品に封入されている特典券をお持ちの方に直筆サインを致します。
HMVrecordshop 渋谷 :http://recordshop.hmv.co.jp/35910

※イベント観覧はフリーです。どなたでもご参加いただけます!
※ご参加のお客様にはKIRIN Four Roses のご提供があります。アルコール飲料ご希望のお客様には成人確認を行わせて頂きます。

Supported By Four Roses
http://www.kirin.co.jp/fr

4/21はRECORD STORE DAY メディア・パートナーの J-WAVEで!

2018/4/11
メディア・パートナーとしてRECORD STORE DAYを応援いただいているJ-WAVE(81.3FM)では、4/21の当日、朝6時の「POP OF THE WORLD」から「RADIO DONUTS」「SEASONS」「FRUIT MARKET」までの各ワイド番組にて、RECORD STORE DAY 参加店舗でしか購入できない限定アイテムをオンエア。アンバサダーEGO-WRAPPIN’の新曲も、なんとJ-WAVEでの先行オンエアとなります。リスナープレゼントもたくさんあるようですよ!

さらに、12時からオンエアの番組「SEASONS」では、レコード店からの生レポートも実施。当日の熱気を伝えていただきます。まさに【RECORD STORE DAY】となる4/21のJ-WAVE、レコードストアをまわりながらでもスマートフォンでぜひチューンイン!「radiko」というアプリをダウンロードすれば、スマートフォンでもお楽しみいただけます。

  – POP OF THE WORLD [毎週土曜日 6:00 ~ 8:00] ナビゲーター ハリー杉山
– RADIO DONUTS [毎週土曜日 8:00 ~ 12:00] ナビゲーター 渡辺祐 山田玲奈
– SEASONS [毎週土曜日12:00 ~ 15:00] ナビゲーター マリエ
– FRUIT MARKET [毎週土曜日15:00 ~ 17:00] ナビゲーター 横山エリカ

詳しくはこちら
http://www.j-wave.co.jp

radiko:
http://radiko.jp/

  そして、4/13(金)にはジョン・カビラ氏がナビゲーターを務める番組「TOKYO UNITED」内、7:15~のコーナー「FEATURE FOCUS」にて、先日来日されたRECORD STORE DAY共同設立者、マイケル・カーツ氏のインタビューが放送されます。アメリカの音楽業界を変えた、とまで言われるマイケル氏の貴重な証言、こちらもお聞き逃しなく!

フレッドペリーとRECORD STORE DAY がコラボレーション!

2018/4/10
イギリスのオーセンティックなファッションブランド「フレッドペリー」とRECORD STORE DAYがコラボレーション。 レコードストアデイ当日、フレッドペリー各店及び、吉祥寺を始め都内に4店舗を構えるレコードショップ「ココナッツディスク」にてRSDのために製作されたフレッドペリーオリジナルのトートバッグをプレゼント!

フレッドペリー各店で配布されるトートバッグは、イラストレーター・漫画家、本秀康による「レコスケくん」デザインです。レコード購入後は、ぜひフレッドペリーとココナッツディスクへ!

– Illustrated by 本秀康

  ココナッツディスク吉祥寺店、池袋店、江古田店、代々木店では下記3種の配布を行います。
– Illustrated by Josh Whettingsteel

– Illustrated by Ella Tay

– Illustrated by Valen Lim

  【配布条件】
■フレッドペリーショップ(アウトレットを除く全国27店舗)
下記の2点を店舗へお持ちください。
・当日レコードショップでお買い求めになられたアナログレコード(種類は問いません)
・RECORD STORE DAY参加店舗のレシート(4/21当日のもの)

■ココナッツディスク各店
ココナッツディスク各店にてレコードお買い上げの方
もしくは、RSD参加店のレシート(4/21当日のもの)をお持ちください。

※トートバッグの配布は4月21日(土)当日のみとなります。
※トートバッグはなくなり次第終了となります。
フレッドペリー公式サイト
https://www.fredperry.jp
ココナッツディスク公式サイト
http://coconutsdisk.com

ポスター/パンフレット/AT THE RECORD SHOPが続々と店頭に!

2018/4/07
いよいよRSD当日まで2週間ほど。
参加各店にて、ポスターの掲示/パンフレット&AT THE RECORD SHOPの配布がスタートしています! ポスターとパンフレットは言わずと知れた永井博さんのビジュアルを大胆に用いたもの、パンフレットにはほぼすべてのRSD限定アイテム情報が掲載されています。
そして、テクニクスさんのご協力のもと完成したAT THE RECORD SHOPは全国の参加店舗をほぼ網羅した、RSDエディションのレコードマップ。 4/21はこの2冊を片手にレコードストアを巡ってみては!

2018年もメインビジュアルはやはりこの人、御大、永井博氏の書き下ろし!

2018/4/02

参加レコードストアをはじめ、関係各所にて掲示/配布されるポスターやパンフレットの表紙など、RSDジャパンの顔となってくるメインビジュアルはやはりこの人、御大、永井博氏。
言わずと知れたイラスト界の巨匠であり、誰もが1度は目にしたことのあるであろうその作品は老若男女を問わず、幅広い支持を得ています。 こよなく音楽を愛し、レコードコレクターでもある氏より本年度2018もステキなイラストが届きました!
さらに、、、
このイラストを使用した限定オリジナルグッズの発売や、4/21当日には、永井氏もプレイするDJイベントなど予定されています。 こちらもお楽しみに!


永井博
1947年徳島市生まれ、グラフィックデザイナーを経て1978年よりフリーのイラストレーターに。トロピカルでクリアなイラストレーションは、数々の広告、ポスター、レコードやCDジャケット等に用いられ非常に評価は高い。大瀧詠一のアルバムジャケット”A LONG VACATION”、”NIAGARA SONG BOOK”、AORコンピレーションCD”breezeシリーズ”等のジャケットイラストレーションをはじめ、デザイン、音楽評論、FMでのパーソナリティー、DJなど、多岐にわたる活動を展開している。出版物として、絵本”A LONG VACATION”、”HALATION ” (CBSソニー出版)、”NIAGARA SONG BOOK”(小学館)、画集”Time goesby…”(ぶんか社)がある。

EGO-WRAPPIN’の動画&インタビューが公開!そして待望の新曲が7inchでリリース!

2018/3/28
  2018年アンバサダーのEGO-WRAPPIN’、先日収録されたロングインタビューと動画が公開されました! レコードやレコードストアへの熱い思いを語っていただいた貴重なインタビュー、全文は下記リンクから。 ぜひお見逃し無く! http://r-p-m.jp/interview/egowrappin
  そしてそして、Record Store Day2018に合わせ、待望の新曲が7inchでリリース決定です! EGO-WRAPPIN’ファン、アナログファン、どちらも垂涎の限定アイテム、詳しくはアイテムページをご覧ください。 試聴もできます!   https://recordstoreday.jp/item/010_1_ego-wrappin-a-little-dance-ska/

2018 年アンバサダーが EGO-WRAPPIN’に決定!

2018/3/07

RECORD STORE DAY JAPAN 2018 アンバサダーは、EGO-WRAPPIN’ に決定しました!
某レコードストアにて撮影された本ビジュアルは自身もオーディオ/レコードの写真掲載WEBで連載を始めるほどの愛好家である写真家/平間至 によって撮影されたもの。アンバサダーEGO-WRAPPIN’の二人の「RECORD STORE DAY」記念インタビ ューも近日公開予定!お楽しみに!



■EGO-WRAPPIN’
1996年 大阪で結成されたユニット。メンバーは中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)。大阪出身の二人で結成時から関西を中心に活動を続け、現在は拠点を東京においている。2000年に発表された「色彩のブルース」は、戦前のジャズから自然に行き着いたキャバレー音楽や 昭和歌謡を消化し、エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなり、その名を全国区で知られるようになる。以後作品ごとに魅せられる斬新な音楽性において、日本の音楽シーンにおいて常に注目を集めている希なアーティストだと言える。
二人の織りなすエゴ・サウンドは、ジャズやロックといった音楽がジャンル名に成り下がる以前にもっていた自由な雰囲気と熱い情熱、そして何よりも私達が生きる時代の感覚を敏感に反映している。音楽と真摯に向き合い、ジャンルというくだらない壁を軽やかに乗り越え、聴き手に音楽の本当の楽しみ方を教えてくれるポップスセンス。聴くものの心にダイレクトに届くであろう、うたごろろ。エゴが届ける名曲名演、それはロマンスに溢れた平成のミラクルであろう。
http://www.egowrappin.com

ホームページをバージョンアップしました

2018/2/07

ホームページをバージョンアップしました

イベントに向けて更新していきますのでよろしくお願いします。

Pagetop